イタリアのバールでのコーヒーの頼み方

カプチーノが入った真っ白いカップとソーサー食べる

バールはイタリア人にとって生活に欠かせない場所。

朝食はバールでカプチーノとコルネット、その帰りに新聞買って、仕事に行くって人結構います。

そして仕事の合間にバールでコーヒーと一口サイズのドルチェ。

小腹が空いたと行き、1人でもふらっと行ってバーの人とおしゃべり。誰でも行きつけのバールは数店舗持っていて、友達のように世間話をしているものです。

観光客向けのおしゃれなカフェもいいですが、地元感満載のバールでイタリアの人に混じってコーヒー飲んでみませんか?

コーヒーの頼み方

まず中に入ってレジで先に会計を済ませるタイプか、後払いかを見極めます。

小さなバールでレジとバーテンダーを一緒にやってるようなところだと、すぐに直接注文しましょう。その時、先に会計と言われたらそうすればいいだけのことです。

レジに人がいれば先に会計して、レシートを持ってバーで何が欲しいか伝えましょう。

レシートに書いてあっても何が欲しいか直接言います。黙ってレシートを差し出すのは不気味なのでやめましょう。

その時に、ミルク多めとかカカオパウダー上に乗せてとか色々頼めます。ほとんど追加料金なしでやってくれます。

頼み方って言うほどのことではないですね。何が欲しいか伝えることとお金を払うこと。それだけです。

飲んだ後は、ありがとうと行って立ち去ります。

お水を頼んだり、やたらアレンジを加えたコーヒーを頼んだ時、店員さんがとても親切で気に入った時、ご機嫌な気分な時はチップを10セント、20セントコインを置いてもいいかも。

 

おすすめのコーヒーの種類

泡だてミルクたっぷりのカプチーノ

カップチーノ:朝食で人気。あの泡立ったミルクののったコーヒーです。食後にすぐに飲むことはあまりありませんが、朝でも昼でもよく飲まれる定番メニュー。

カッフェ:いわゆるエスプレッソ・コーヒーです。

カッフェ・マキアート:エスプレッソ・コーヒーにちょっとミルクを垂らしたコーヒーです。味がマイルドになって飲みやすい。

カッフェ・アメリカーノ:日本でよく飲まれているコーヒーに近いのはこれです。

カップチーノ・フレッド:冷たいカップチーノです。暑い夏にぴったり。

カッフェには砂糖をいれて飲むのがおすすめ。濃いコーヒーの苦味に甘さが加わってなんとも言えない大人の飲み物になります。

コーヒーが苦手な人、コーヒーばかりで飽きた人にはスプレムータってオレンジジュースもイタリアっぽい飲み物です。ぜひお試しあれ!

 

散策の合間にくいっと一杯コーヒー飲んでイタリアを満喫してくださいね。

コメント