妊娠検査薬陽性からB-HCG検査まで

妊娠検査薬の結果を見る男性妊娠・出産

イタリアでの妊娠発覚から出産までの記録です。これがベストだというものではなく、私の場合はこうでしたという、実際行ったことを記していきます。どこで検査したかや費用など具体的な情報をできるだけ記載していきます。

イタリアで出産する人のお役に少しでも立てれば嬉しいです。

妊娠検査薬で検査

妊娠検査

妊娠したかなと思ったら、まずは自宅で尿をかけて検査する妊娠検査薬。ほとんどの検査薬が生理予定の1週間後から使えます。薬局か、アマゾンで妊娠検査を買って試してください。いろいろなブランドのものがありますが、簡単な検査なので、なんでもいいと思います。

ただ単に妊娠しているか、していないかの2択の結果が出るものと、妊娠していた場合、何週目かの目安を教えてくれるものがありますが、結果が陽性なら次の検査、B-HCG検査でだいたいの週数が分かるので、陽性か陰性の判断だけで十分だと思います。€10くらいでした。

生理予定日から10日後の夕方に初めて検査したのですが、はっきりとした陽性判定は出ませんでした。一応、線が浮かび上がっているもののぼやっとしていました。説明書を読んでみると、朝検査することが勧められていたので、翌朝再検査。今回は、くっきりはっきりと陽性判定が出ました!朝一の尿で検査することをお勧めします。

B-HCG検査で妊娠確定

採血検査

尿検査で陽性が出ると、次はB-HCGと呼ばれる血液検査です。この検査は、通常妊娠中にのみ測定可能量が著しく産生されるホルモンを測定するものです。妊娠の早期発見に使われます。尿検査が仮検査で、B-HCGが確定検査といったところでしょうか。

地域保健所ASL(Azienda Sanitaria Locale)でも検査はできるかもしれませんが、私は日頃利用しているu.s.i.(Unione Sanitaria Internazionale)に行きました。u.s.i.は、大手の血液検査やX-Rayなど様々な医療に関わる検査をする会社です。ローマにはたくさんの支店があります。

電話で問い合わせると、10:30までにくれば予約なしで検査を受けられるとのこと。その日のうちに採血をし、翌日には結果が出ました。検査結果はこちら。

b-hcg検査結果B-HCGの値が21,459で、妊娠7−9週とのことでした。検査結果は、オンラインで確認することができます。受付でオンラインで受け取り希望の旨を伝えてください。費用は、€21でした。

 

めでたく妊娠確定!次は産婦人科選びに入ります。では、また次回!

 

Image by Anthony Macchio from Pixabay
Image by Julia Fiedler from Pixabay
Image by kropekk_pl from Pixabay

コメント