ローマのピザとナポリのピザの違い

イタリア豆知識

世界に誇るイタリアの食べ物ピザについて。イタリアのファーストフード的な扱いでとても親しまれています。ピザの作り方はいたってシンプルですが、その歴史は長く、色々な種類があります。その中で最も有名なのはローマのピザpizza Romanaとナポリのピザpizza napoletanaです。

ローマのピザとナポリのピザ;どっちが先に生まれた?

ピザの原料はとてもシンプル。準備しなければいけないのは、小麦粉、水、イースト菌に塩だけです。

通常ピザというと、ローマピザをこよなく愛すローマっ子には悪いですが、丸いピザが生まれたことで知られているナポリのピザを指します。

もちろん長いピザの歴史の中で、多くの地域でそれぞれのピザが作られました。その中でも有名なのがローマのピザです。どちらが美味しいというのは、完全に個人の好みによるところです。2つの違いを簡単に書いてみるので参考にしてください。

PIZZA ROMANA:ローマのピザの特徴

ローマのピザはイタリアの中部(ローマのある辺り)でよく食べられて居るピザで以下の特徴があります。

  • 生地が薄く、カリカリしている
  • 縁が薄く、砕けやすい
  • 生地には小麦粉、水、イースト菌、塩の他にオリーブオイルが入っている
  • 生地を円形に伸ばすのは麺棒を使って伸ばす(アクロバティックに空中で生地を回しながら広げるのはナポリピザ)
  • ナポリのピザにくらべ窯に入れておく時間が長い

伝統的なローマピザのレシピは、トマトソース、モッツァレラチーズ、塩を抜いたアンチョビにバジリコ、ペコリーノチーズに胡椒。

焼き上げる前に、野菜をのせるものよくあります。ナポリピザと同様、種類は無限にあります。

PIZZA NAPOLETANA: ナポリピザの特徴

一方のナポリピザの特徴はこんな感じです:

  • 柔らかい生地(水分を多く含んでいます)
  • 空気を含ませるように生地を形成するので、縁が高く、柔らかい
  • 生地には脂質が含まれていない(小麦粉、水、イースト菌に塩のみ)
  • 薪のオーブンにて、高温、短時間(50秒から90秒)で焼き上げるので、生地が柔らかいまま

今では多くの種類のナポリ風ピザがありますが、伝統的なレシピはただ2つだけ:

  • Pizza Marinara(マリナーラ): トマトソース・にんにく・オレガノ・オリーブオイル
  • Pizza Margherita(マルゲリータ): トマトソース・円盤型のモッツァレラチーズ・角切りの水牛のモッツァレラチーズ・バジリコ・オリーブオイル

シンプルなレシピなだけにどちらのピザも添加物も入っておらず、気軽に美味しいので私もよく食べます。ピザを見かけた際はどこ風のピザかなってチェックしてみてください。

 

コメント