日常生活で使われるラテン語

イタリアで生活する中で、時々発音がイタリア語っぽくない言葉が出てきます。それはラテン語がそのまま残りイタリア語として残ったもの。

日常生活でよく使われるので、突然見当がつかない言葉が出てきたらラテン語かも。太字は特に常識として知っておくべきレベルの言葉だそう(私の周囲調べ)。

referendum = 国民投票

curriculum vita = 履歴書

quorum = 定数

Post scriptum = 追伸 P.S.ってやつです。

それ以外にもラテン語の言い回しが日常会話によく出てくるので、忘れないようにメモしときます。

lupus in fabula = 噂をすれば影(直訳:話の中の狼)

carpe diem = 今この瞬間を生きろ(直訳:一日をつめ)

Alea jacta est = 賽は投げられた

timeo donaos et dona ferentes = 贈り物を持ってくるような友好的な態度なものにも注意せよ(直訳:贈り物を持ってこようがギリシャ人を恐る)

 

私の大好きなALMA TVでもこの話題が取り上げられています。興味のある方は見てみてください。
https://www.almaedizioni.it/it/almatv/grammatica-caffe/il-latino-nellitaliano/
あまり使いすぎると気取ったやつと思われるかもしれませんが、ちょっと教養あるところを見せたいここぞという場面で使いましょう。

他にも色々あったんだけれど、今は思い出せない。追々、追加していきます。