トイレリフォームの記録(3)

ハウスキーピング

ついに始まりました、トイレのリフォーム。初日は浴槽やトイレ、タイルを剥がすところからです。ドリルでタイルの下のコンクリートを剥がす凄まじい音がします。

トイレリフォーム初日

DAY1

初日月曜日。ものの30分で元の姿は消え去りました。どんどん壊して不要なものを袋に詰めて外へ運び出します。手際が良くて見てて参加したくなりました。

トイレリフォーム2日目

DAY2

2日目火曜日にはすっかりトイレは空っぽに。廃墟のようになりました。

トイレリフォーム3日目

DAY3

トイレリフォーム4日目

DAY4

3日、4日目(水・木曜日)は水道管や電線が埋まっているところを掘り出して位置を変更する必要があるところは変更しました。管がさびて欠けてしまい水が溢れているところもあったそう。1階に住んでいなければ水が漏れて下の階の人から苦情がきてたレベルの傷み方でした。

トイレリフォーム6日目

DAY5

5日目金曜日、粗めのコンクリートで管を固定、床を整地。

ここでタイルが届かないという問題が起こります。注文した時は木曜か金曜に届くということだったのに、お店から金曜か月曜に届くとの連絡が。月曜は遅すぎる…工事は土曜日も行うのでタイルがないと工程がストップしてしまうんです。で、案の定金曜日には届きませんでした。

トイレリフォーム6日目

DAY6

6日目土曜日。

配送は土日お休みなので、タイルなしでできる仕事を土曜日にちょこちょこっと行ってくれたけど、数時間で仕事はおしまい。月曜に持ち越しです。柱の角がすっきりとしました。

月曜日。

ここまできてタイルがないとすることがないので、職人さんは月曜日はタイルが来る時間が決まったら電話することになり自宅待機しました。

が、配送業者の人から電話があって火曜になると。夏休み明けにちょっとした問題があったので、ばたついているから遅れるというのが彼らの言い分です。もう工事が始まってタイル待ちだよ、少なくとも明日の午前中には持ってきてと交渉しましたが、電話をくれてた人が運ぶわけではなく、その下請けが運ぶので約束はできないとのことでした。その後、実際配送してくれる業者からも電話があって15時には持っていけるというので、無理無理無理、午前中には持ってきてと交渉を続けましたが、ラチがあかず、明日の朝また話し合おうと話し合い終了。

トイレリフォーム7日目

DAY7

7日目火曜日。

午前中、別の人が電話をくれて15時までには届けるとのこと。なのでどれだけタイルを待ちわびているかを話して後は運に任せることにしました。

結果、12時半に持ってきてくれました。が、大きなトラックで運んできたので、私の家の前の通りには入れず、500kg以上あるタイルを荷台に乗せて家の前まで運んでくれ、そこからは職人さんと私で家の中に運びました。久々の肉体労働正直楽しかったです。

いつもは16時過ぎには帰る職人さんですが、頑張って床を全部敷き詰めてくれました。

トイレリフォーム8日目

DAY8

8日目水曜日。急いでいたのは、この金曜に台湾の友達を泊める約束をしていたからなんですが、もう無理です。ホテルを予約しました。そのホテルは1人でも2人でも料金が変わらなかったので、私も一緒に泊まろうと思います。

話が逸れました。床にスタッコを埋め込み、壁も順調に進んでいます。

そして今日、9日目木曜日。これを書いている間も職人さんが働いてくれています。

色々自分でしないことが多くて大変だけど、1つ1つの工程を自分の目で見て、ああだこうだと言いながら進めていくのがだんだん面白くなってきて、トイレへの愛着がすでに湧いています。

次回へ続く。

 

トイレリフォームの記録(1)はこちらから。

トイレリフォームの記録(2)はこちらから。

 

 

コメント