義父が伝えようとしていたんじゃないかなと思う事

コラム

先日、パソコン用のL字型の机を買いました。その机が我が家にくるまでの話と、その後の義父との会話。

大型家具屋の机を購入した件

PCスペースを作ろうという事で、机を購入することにし、家具を扱っている大型の家具屋さんに行って悩んだ末に、L字型の机を注文しました。

長い事待ってやっと届いた机(ここでも色々ありましたが省略)。2人の運搬・組立担当の人が組み立ててくれました。支払いが終わって机の下を覗いてみると壁と机を固定している鉄の金具が半分落ちかけています。なんてことでしょう、帰りかけていた2人を呼び止め直してもらいましたが、粗末な仕事ぶりに怒り爆発です。

この2人と話をしていても拉致があかないので、会社宛に事細かに詳細を書き、写真も添付してメールをしました。すると次の日、苦情担当者からお詫びの電話があり、壁の修理費を出しますということで、早い対応でいいぞと思っていたら、私たちが業者を探して修理し、その費用を請求するようにとのこと。

そっちが全部手配するのが当たり前だと思うので、そんな説明をされるとより怒りが増してきます。私はだいぶ怒っていました。誰が見てもわかるほど。

もはや壁の穴がどうこうではなく、仕事をきちっとしない人たちに対して怒っているのです。私はもともとプロがプロの仕事をしないことに激怒します。

海の家の暖炉

ここからがここで書きたかったこと。

義両親が海の家に暖炉をネットで購入しました。入荷日は注文時点でははっきりしておらず、後々連絡がくるシステムのようです。

義父が「明日海の家に行ってくる。たぶん注文した暖炉が届くから。」というので、「たぶんって?」と聞くと、

「購入先から連絡が来たが、その日にちは都合が悪く、義父が希望日を伝えるメールをしたけど返事はこない。でも、購入先のマイページにログインしたら配送日は希望日に変わってたからたぶんなんだよ」とのこと。

「ログインしないと分からないところを通知もなく変更するだけじゃなくて、メールできちんと返信するべきなのにおかしい」と言っていると、「言っていることは正しいよ。正しいけど、残念ながらそれができない人もいるんだと、きちんとできる人もいるし、できない人もいるんだよ」と繰り返し言っていました。

言わないといつまでたってもこのままじゃないかと返したような気がしますが、会話はそのまま別の方向に進んでいったのでよく覚えていません。

 

それがなぜか後日、ふとこの時の会話がよみがえりました。繰り返し言っていたのはもしかしたら、不条理なことがあった時に、そのことを考えて怒っている時間が勿体無いと言いたかったのかな。確実に日本よりいい意味でも悪い意味でもおおらかなイタリアで住む以上、いちいち激怒しない、怒ってもパッと切り替えることは大事だよという事かもしれません。

まだ自分が正しいと思うときは説得できるまで言ったほうがいいと思う自分もいるけど、少なくとも怒りを長々とひきづるのはやめようと思った出来事でした。

 

**注意**

イタリアの人はどうとか日本の人はどうとかいうつもりはありません。それだけでくくれるほど人間はシンプルではありません。

素晴らしい仕事のできるイタリアの人にもたくさん出会っています。
例:ソファーの搬送を頼んだお兄さん。値段交渉時の連絡の素早さ、前日には確認の連絡、時間通りに到着し、ワゴンまでソファーを運ぶのは契約外だったのに気持ちよく手伝ってくれ完璧でした。

 

コメント